Posted on

新宿の全身脱毛、施術条件

新宿で全身脱毛を行う方法として光脱毛やレーザー脱毛がありますが、双方ともに毛のメラニン色素に反応させ、毛母細胞を破壊する手法です。

毛母細胞は毛が育つ為の元となる部分であり、その部分を破壊する事で永久的な脱毛を可能としています。

日焼けしている状態では毛根に熱を伝える事が困難になりますので、日焼けした状態では脱毛処理が出来なくなるという事です。

また皮膚が赤身を帯びている状態、アルコールの飲酒も勧められてはいません。

薬の服用や妊娠などに関しても同様であり、新宿で全身脱毛の際には注意事項の説明が必ずありますので、しっかり確認しておきましょう。

また女性の場合生理であったり、体調不良の場合脱毛処理は勧められません。

皮膚へのダメージが回復しにくい場合もありますし、この時期は皮膚のバリア機能が低下している場合が多い為、皮膚トラブルも起こしやすいのです。

最後に脱毛処理の前にシェービングは行う必要があり、行わない場合別料金を請求される場合もありますし、脱毛自体拒否されてしまう場合もあります。

また全身脱毛と一言にいってもエステによっては顔を含まなかったり、部分的な脱毛は除かれている場合もありますので、その点は確認が必要になります。

全身脱毛は自分により自信を持つための施術ですので、自分が納得いく仕様になるのか、注意すべき点はどこなのか、確認はしておきましょう。

元々毛は皮膚を守る為の部位であり、自然な部分ですのでそれを除去する事に関してのリスクも知っておくべきなのです。